松栄堂のこと

宝永2(1705)年、京都に創業して以来、今日まで香づくり一筋に歩んでまいりました。
私たちがお作りするのは、宗教用の薫香をはじめ、茶の湯の席で用いる香木や練香、お座敷用のお線香や手軽なインセンス、匂い袋など「香百般」。
香文化の担い手として、時の年輪を暖簾に刻みながら、これからも香りの歴史を重ねてまいります。

松栄堂の歴史

松栄堂の創業は今から300年ほど前。丹波篠山の里長であった畑六左衞門守吉が、商いの道を興した「笹屋」に始まります。以来、一貫して薫香製造を生業としてまいりました。

松栄堂の文化活動

私たちは日本文化の担い手として、少しでも多くの人にお香の世界を紹介し、理解を深めていただけるよう、さまざまな普及活動を行っています。  

松栄堂の環境活動

「地球環境に優しく!」をコンセプトに、環境負荷の軽減を考慮した企業活動を継続しています。  

店舗案内

京都・大阪・東京・札幌に展開する、9つの直営店舗の最新情報を掲載。はじめてお香を楽しむ方も、専門的なご相談も、お気軽にお申し付けください。ご来店をお待ちしております。