松栄堂の環境活動

稀少植物の保護育成活動

草根木皮を原料とした薫香の製造販売を商いとする松栄堂では、自然への感謝の気持ちを込めて、稀少植物の保護育成活動を実施しています。

稀少植物の店頭公開

地球環境に目を向けるきっかけになればと思い、長岡京工場で保護育成している稀少植物を店頭にて公開しています。



稀少植物をポスターで紹介

全国の松栄堂商品取扱店様に配布しているポスターで
年4回、京都府下の稀少植物を紹介しています。



オグラコウホネ生息地クリーン作戦

オグラコウホネはスイレン科の多年草で、6〜9月にかけ黄色い小花を咲かせます。

・環境省レッドリストカテゴリー 絶滅危惧Ⅱ類
・京都府レッドリストカテゴリー 絶滅寸前種

名前の由来は京都南部にあった巨椋池(おぐらいけ)からきています。平成20年、指定希少野生生物に指定されました。

長岡京市と中丹の2カ所でわずかに生息しているのみの大変稀少な植物です。
2003年7月に長岡京工場の近隣を流れる勝竜寺川でオグラコウホネの生息が確認されました。

当時、生息地には空き缶やビニール袋などのゴミが堆積し、川はひどく汚れた状態でした。

自然への感謝の気持ちと社会貢献活動、環境保全活動の重要性を体感すべく、毎年、生育地の川の清掃に取り組んでいます。



ゴミが堆積し流れの滞った川と回収したゴミ


ゴミが減ったおかげで水も澄み、生育地は広がりました。夏にはたくさん花をつけます



フジバカマの育成・公開

フジバカマは川岸の土手などに生える背丈1~2mの多年草で秋の七草のひとつ。乾燥すると特徴的な芳香が生じるため、中国では古くから「蘭草」と称し、その香りを利用し楽しんでいたようです。わが国でも多くの歌人が歌に詠んでいるほど、古き時代より大変親しみのある植物で、源氏物語の帖名にもなっています。
以前は各地に広く自生していましたが、自生地が減少し、近年は目にすることが少なくなりました。

・京都府レッドリストカテゴリー 絶滅寸前種
・環境省レッドリストカテゴリー 準絶滅危惧種

挿し穂作り
挿し芽
定植作業(鉢あげ)
施肥作業
育成中
店頭公開

商品への取り組み(エコプロダクツ)


土からできたお香立

園芸用土をつくる際には、必ず規格外の微粒子が発生してしまいます。
松栄堂はこれに着目し、独自の技術でお香立の原材料として利用することに成功しました。 土からできたお香立はヤニの吸着性にもすぐれ、お香皿の汚れを軽減することができます。

京都本社での取り組み

             

松栄堂では、2016年7月1日より、「KES・環境マネジメントシステム・スタンダード」ステップ1に対応した活動を開始いたします。

環境宣言

【基本理念】

株式会社松栄堂は、地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つであることを認識し、全組織を挙げて環境負荷の低減及び環境保護に努力します。


【方針】

株式会社松栄堂は薫香類の開発、生産、販売に係わる全ての活動、製品及び、サービスの環境影響を改善するために、次の方針に基づき環境マネジメント活動を推進して地球環境との調和を目指します。

  1. 当社の活動、製品及びサービスに係わる環境影響を常に認識し、環境汚染の予防及び環境保護を推進するとともに、環境マネジメント活動の継続的改善を図ります。 なお環境保護には、継続可能な資源の利用、気候変動の緩和及び気候変動への適応、並びに生物多様性及び生態系の保護などを含みます。
  2. 当社の活動、製品及びサービスに係わる環境関連の法的及びその他の要求事項を順守します。
  3. 当社の活動、製品及びサービスに係わる環境影響のうち、以下の項目を環境管理重点テーマとして取り組みます。
      (1)電力使用量の削減
      (2)紙類使用量の削減
      (3)廃棄物の分別・リサイクル
      (4)事業所周辺の清掃活動
      (5)生物多様性の保全
  4. 一人ひとりが環境負荷低減活動を積極的に実践できるように、この環境宣言を組織の全員に周知するとともに一般の人々が入手できるようにします。
  5. 京のアジェンダ21フォーラムのパートナーシップに基づく地域の環境改善活動に積極的に参画します。 上記の方針達成のために、環境改善目標を設定するとともに、定期的に見直し環境マネジメント活動を推進します。

制定日 2016年  7月1日
改訂日 2018年7月1日
株式会社 松栄堂
専務取締役 畑 元章


長岡京工場での取り組み

             

松栄堂の生産拠点である長岡京工場では、2002年11月に、薫香業界では初めてISO14001環境マネジメントシステムを認証取得し、継続的な環境保全活動に取り組んでいます。今後も社会貢献と事業成長の両立に向けた取り組みに努めていきます。

株式会社 松栄堂 長岡京工場 環境方針

【理念】

人々に心の豊かさと安らぎを与える、香り文化の発信基地である株式会社松栄堂長岡京工場は、地球環境保全が人類共通の最重要課題の一つであることを認識し、全組織、全従業員を挙げて環境負荷の軽減に不断の活動を行います。


【方針】

株式会社松栄堂長岡京工場は、薫香類の開発、生産、販売、サービスに至る事業活動を通して、下記の活動を推進し地球環境との調和を目指します。

  1. 当事業所のすべての事業活動、製品及びサービスに関わる環境影響評価を実施し環境への影響を常に認識し、環境汚染の予防と防止に努めるとともに、環境マネジメントシステムの定期的見直しを行い、継続的改善をはかります。
  2. 当事業所の事業活動、製品及びサービスなどの環境に関わる法令、条例、協定等を順守します。
  3. 当事業所の事業活動、製品及びサービスに関わる環境側面のうち以下の項目を重点課題として取り組みます。
      (1)エネルギーの効率的な利用に努め、地球の温暖化や資源の枯渇の軽減を図ります。
      (2)薫香等商品の開発の際、環境に対して影響レベルの低い製品を開発します。
      (3)資材の発注管理や適正在庫管理により廃棄物の削減や資源枯渇の軽減を図ります。
      (4)埋め立て処分場の緊迫化が我が国の大きな社会問題であることを十分に認識し、廃棄物の削減を行います。
      (5)生物多様性保全のため、稀少植物を育成し、これによってもたらされる自然の恵みを地域の方々と共有します。
      (6)環境負荷の軽減、生産性の向上を目指し、開発、生産、販売、サービスに至る各工程の見直しや改善を進めます。
      (7)製品使用時の安全性も環境パフォーマンスの一つとして捉え、継続的に向上させます。
  4. これらの課題達成のため、環境目的・目標を設定し、全部門全従業員あげて環境マネジメントを遂行すると共に定期的に見直しを行います。
  5. 当事業所全従業員が取得した環境保全の技術や意識を事業所外に展開します。
  6. 本方針は、当事業所で働く、又は当事業所のために働く全ての人に環境教育を実施し、環境方針の周知徹底を行い、環境保全に関する自覚の向上を図り実行すると共に定期的に見直しを行います。また取引先などにも理解と協力を求めます。

−この環境方針は、社内外に公表します−


2016年6月25日
株式会社松栄堂長岡京工場
常務取締役 畑 利和


長岡京工場CO2排出量推移表




長岡京工場電気使用量推移表


適用範囲について

松栄堂 長岡京工場は、ISO14001の適用範囲を次のように定めています。


<組織の活動・製品及びサービス>
薫香製品及び線香の設計・開発および製造
DESIGN AND DEVELOPMENT,AND MANUFACTURE OF INCENSE PRODUCTS AND JOSS STICK


<組織の単位と機能>
株式会社 松栄堂 のうち、「長岡京工場」に属する生産(製造)機能・研究機能・総務機能


松栄堂長岡京工場に存在する、全ての活動・製品・サービス、全ての組織単位や機能に、
ISO14001に基づく環境マネジメントシステムを適用させております。


環境に関わる法律を守ります

事業所に関連する法律、法令等をリストアップし、きちんと守られているか定期的に点検、管理しています。不具合があればそれに対し是正を行います。



活動全体を定期的にチェックします

活動が適切に実施され、維持されているかを社内の専門チームが厳しくチェックしています。