京都本店・薫習館

京都本店は数寄屋風の佇まいで京都御所の近くに位置し、
創業より300年以上この地に構えております。
本店ならではの豊富な品揃えで、皆様にお買物を楽しんでいただけることと思います。
お近くにお越しの際、お気軽にお立ち寄りくださいませ。お待ち申し上げております。

▶ 京都本店・大阪本町店のみの販売「香りと巾着を選べる匂い袋」


〒604-0857
京都市中京区烏丸通二条上ル東側
電話 / 075-212-5590

営業時間 / 9:00 ~ 18:00 
休業日 / 年中無休(年始を除く)

薫習館の建物は、昭和34年に建設され永く地域のランドマークとして利用されてきました。 この度、弊社はこの建物が地域を見つめ続けてきた歴史とその存在意義を鑑み、日本の香文化の情報発信拠点として、多くの皆様に立ち寄っていただける建物を目指してリニューアルいたしました。
香りの世界への第一歩として、様々な出会いをお手伝いできればと考えています。

〒604-0857
京都市中京区烏丸通二条上ル東側
電話 / 075-212-5590

営業時間 / 10:00~17:00(不定休)

薫習館詳細はこちら


周辺地図・アクセス方法


  • 地下鉄烏丸線丸太町駅7番出口徒歩3分
  • 地下鉄烏丸線、東西線烏丸御池駅1番出口徒歩5分
  • ※駐車場あり

京都本店からのお知らせ


薫習館「お香はじめて教室 〜"薫物"をたいてみよう〜」

薫習館

201810takimono.jpg

ご自身で火加減をコントロールしながら、
"薫物(練香)"の香りを引き出すコツをご案内します。
秋の夜長を甘い香りとともに楽しみましょう。

季節の提案商品「季節の香り袋 柿」

全店

「柿」をモチーフにした香り袋です。
玄関やお部屋に飾っていただくと、
やわらかな和の香りをお楽しみいただけます。
秋の贈り物にもおすすめです。

季節の提案商品「季節の香り袋 柿」
 清らかな和の香り
 約60×60×50㎜(紐部分を除く)
 各2,592円(本体価格2,400円)

季節の提案商品「季節の香り袋 柿」

季節の提案商品「秋草のたより 藤袴」

素朴で自然な香りは
凛と咲くフジバカマの姿をうつしています。
近年は数が減少し、稀少な植物となっているフジバカマ。
京都市右京区水尾地区のフジバカマ栽培地と協力し、
選定の時に採集した葉を香りの原料として使用しました。
香りを通じて稀少植物を身近に感じていただければ幸いです。

季節の提案商品「秋草のたより 藤袴」
 素朴で自然な香り
 お香70㎜ 20本入 簡易香立付
 紙箱85×90㎜
 864円(本体価格800円)
 ※販売を終了いたしました。

季節の提案商品「秋草のたより 藤袴」

季節の提案商品「匂い袋 藤袴」

全店

フジバカマの葉に数種の漢薬香料を配合した爽やかな香りの匂い袋です。
近年は数が減少し、稀少な植物となっているフジバカマ。
松栄堂では、自然環境保護の一貫として、稀少植物の保護育成に取り組んでいます。
京都市右京区水尾地区のフジバカマ栽培地と協力し、
選定の時に採集した葉を香りの原料として使用しました。
鞄に入れたり、ベッドサイドに置いたり......秋草の爽やかな香りをお楽しみください。

季節の提案商品「匂い袋 藤袴」
 秋草の自然な香り
 約90×65×30㎜(紐・タグ部分を除く)
 綿・ポリエステル
 各1,296円(本体価格1,200円)
 ※販売を終了いたしました。

季節の提案商品「匂い袋 藤袴」

季節の提案商品「香りの根付 紅葉」

全店

秋を彩る紅葉がモチーフの根付です。
今秋、デザインが新しくなりました。
鍵やポーチなど身近なものに添えて、甘くふくよかな香りを
お楽しみください。
季節のプレゼントにもおすすめです。

季節の提案商品「香りの根付 紅葉」
 甘くふくよかな香り
 本体 45mm/紐 120mm
 918円(本体価格 850円)

季節の提案商品「香りの根付 紅葉」

季節の提案商品「香りの根付 パンプキン・おばけ」

全店

Trick or Treat!
今年も、ハロウィンの代表的なモチーフが
香りの根付になって登場です。
「パンプキン」と、いたずら好きな「おばけ」の
2種類ございます。
身近なものに香りを添えて、
ハロウィンを楽しんでみませんか?

季節の提案商品「香りの根付 パンプキン・おばけ」
 甘くふくよかな香り
 本体 45mm/紐 120mm
 918円(本体価格 850円)

季節の提案商品「香りの根付 パンプキン・おばけ」

薫習館1F 松吟ロビー 企画展「フェリペ・リボン作品展『the host』」

薫習館

nuitblanche2018.jpg

薫習館1F 松吟ロビーが「ニュイ・ブランシュ KYOTO 2018」の会場になります。
デザイン、写真、そして物語を、松栄堂の香りで演出する、五感で楽しむ展覧会です。
無意識や漠然という不確かさの中でリサーチを続けてきたフランス人デザイナー、
フェリペ・リボン(2016年度ヴィラ九条山レジデント)。
彼の作品をまとめて展示する、日本で初めての個展となります。

薫習館「秋のころもがえによせて― 匂い香づくり教室」

薫習館

oyako_nioikoh_ningyocho.jpg


古くから伝わる「ころもがえ」の慣習は、
日本の気候風土に根ざした生活の知恵です。

秋の「ころもがえ」によせて、
天然の香料を自由に混ぜ合わせた
オリジナルの香り(匂い香)をつくってみませんか。
おつくりいただいた香りが
次の季節まで衣服を優しく包み込みます。

薫習館1F 松吟ロビー 企画展 「『かおり風景』作品展 〜エッセイでみる平成のかおり〜」

薫習館

201809kaoribanner.jpg

昭和から続く「香り」をテーマにしたエッセイコンテスト「香・大賞」。
時代を彩る第1回から第33回までのエッセイに綴られた、
たくさんの香りと出会ってみてください。

京都本店「聞香を楽しむ会」12月

京都本店
monkoh_honten0607.jpg

掌の聞香炉に心を傾け、一片の香木の
かすかな香りを心ゆくまで鑑賞する。
この繊細な所作を「聞香(もんこう)」
香を聞く、という美しい言葉で表現します。

季節感を織り込んだ組香を
初めての方でも気軽にお楽しみいただけます。